2017.04.02 Sunday

熱海紀行

キラークイーンの能力でもシュタインズゲートでもありませんが

書いていた途中でタブを閉じたかで二度目の記事を書いています(-_-)

むしろドラえもん読んで欲しい。。。

 

2月某日、小田原での仕事がありまして、ついでなので熱海に足を伸ばしてきた次第です。

仕事からなので夕方移動。

久々の熱海駅着。

。。。あれ?

 

 

面影ないなぁー。すごくキレイになっているではないですか何だコレ。

 

昔は駅の脇で干物の香りが漂って、海の街に来たなぁという感じがしたものですが。←(たぶんの記憶)

 

さてアーケードを抜け、坂道を下ります。

昔、この辺りの宿に泊まったなぁとか思いつつ見渡した宿は見つからず、

近所の工事中がその敷地なのかなぁ?

ストリップ劇場なんかもあったけど見当たらない〜。

時代の流れですかね。

 

Google先生の案内のまま進む。

夜空がキレイだ(^^)

 

かなりの細道を通り抜け辿り着きました。

日航亭。

熱海駅前温泉と迷いましたが、混んでいる可能性を考慮して広めのこちらへ。

タオルはレンタルではないので、駅ナカの100円ショップで購入。

 

海外の方もいらっしゃるんですね。

若い旅行者のグループが入って行きました。

 

さて浴場の写真はないのですが、フロントを抜けてこんな感じ。

脱衣所のロッカーは100円で有料です。

戻りません。

しかし、それも入浴料と考えましょう。

多分、大変だよ、浴場の運営。

 

内湯はお客さんいなくても写真撮れないですね。湯気がモクモク。

とりあえずそちらで体を温め、次は露天へ。

夜だし何が見えるという外ではないですが、何か行きたくなるのはなぜなのかな。

 

都内の鴎外温泉と同様、熱海の湯は体に合うみたいなので、あっちぃけど長めに入る。

 

ぽかぽかと湯揚って、広間をふらふらしていると幕末の志士たちの記事が。

有名どころも温泉に通ったのですね。

即位前の明治天皇も写っている。すごーい。

 

さてふらふらと熱海の、、、繁華街?飲み屋街?を目指して海側に下ります。

店など全く知らないので食べログ片手にお店を探し、辿り着いた一店。

「こだま」さんへ

観光で来たら入りずらいかもしれない地元感はありますが、小さくて清潔感のあるお店です。

元々はお寿司屋さんだったそうな。

食べログを参考していただきたいですが、その日のおばんざいの中から食べるものを選ぶ感じ。

それぞれに値段が書いてはいないですが、何かが高いとかはないのでご安心。

 

私がお伺いした際には踊りの先生やら置屋の姐さんがいらっしゃいまして、

飛び込みした私にしては、楽しいお時間を過ごさせていただきました。

座敷をとってお呼びできるまではしばしの御猶予をm(__)m

あ、クマ。。。

 

女将さんもあたたかい雰囲気の方なので、お目当ての店がないとか

何泊かされている際にはぜひ。

私もまた伺わせていただきますね〜。

 

日帰り予定なので、22時前に駅へ向かい、途中でラーメン屋さん。

過去に仕事で熱海に来ると夜中にクライアントにごちそうになっていたお店を発見。

懐かしさのあまり入ってしまいました♪

石川屋さん、なつかしー(>_<)

 

満腹というか食べ過ぎながら終電に乗って東京へ〜。

池袋までしか電車が間に合わないのはわかっていたけど、着いたら「雪かよ!」

歩いて帰るつもりがタクシー。

 

まぁ楽しかったから良いか。

 

ではまたぁ。


2016.01.13 Wednesday

名古屋旅

先日、旅行というわけではないのですが、仕事で名古屋に寄らせていただきました。
名古屋は2度目です。
ホントは名古屋城に寄ってシャチホコのぬいぐるみをもう一つ買って、我が家の子を対にしたかったのですが、その時間は
なく、駅付近でのお食事のみ。

どこに行ったものかと検索していると、噂に聞いていたあの店の名が。
「スガキヤ」
とりあえず行っておかねばと、初来店。
感想も何もないのですが、これで東海、関西地方の方とも話が合うぞ〜。
例のあの食器はデフォルトでついてくるのですね。
箸は自分で取らねばならないのに(笑)
でも慣れない私には使いづらいな、これ。
帯に短し、たすきに長し。

この食器の名前。
一般的にはスポークでしたよね。スガキヤでは別名だった気もしますが。
それはさて置き、実はMOMAにも認められたデザインの食器なのです。
すごいですねー。どうやって探し当てたのかな。
以前、表参道のMOMAストアで売っているのを見ましたが、自炊で使うタイミングが。。。

あとは串揚げ?焼き屋さんに寄ってみました。
不満はないのですが、メニューが少ないなとか串カツの値段上げても大きい方がいいなとか思いながら飲んでたのですが、納得な光景が。
若いご夫婦が入ってきて、生ビールと「串カツ20本」。
そういうことかー。1本だけ食べるものではないのね。

帰りの新幹線には某店の手羽先買って一杯。

いいんだけどね、楽しいんだけどね。
やはり名古屋風はしっくりこない私でした。

のんびり行ったら今度は新幹線ホームのきしめんとか煮込みうどんとか食べたいなぁ。

2015.10.05 Monday

信州:長野へ

さて、東京もめっきり涼しくなってまいりましたが、先だって長野まで出向いてまいりました。
初善光寺。
のんびり起き出して新幹線で向かったのですが天気も良くて素敵な行楽日和です。

参道の途中で見つけたのぼり

「かおなし・・・」←バチ当たり

シーズンはずしたのに結構混んでました。

本堂の中にも入れるのですが、、、混んでる。
並んでも良いけど、他にも回りたいのでお参りを済ませ、次なるポイントへ。
本堂の裏手に回るとチラッと彼岸花が咲いていました。
午後の日差しに紅が綺麗だったので、お連れさんと一枚。

裏手を抜けて右手側に折れると公園に出ます。
本日、も一つの目玉。

年間、作品を入れ替えながら展示をしています。
今回は「旅の環」と題して11月3日まで。
(珍しい?)15歳の頃の自画像や、亡くなられた時の「夕星」が見られます。
習作と本制作が見比べられればそれに越したことはないのですが、なかなか叶わぬお話。
なので版画作品を思い浮かべ、習作だとこうしたタッチで描いていたのかと見るのも興味深かったです。
個人的にお気に入りは詩画集「コンコルド広場の椅子」の原画。
可愛らしい絵と共に詩というか文章も飾られてて、巨匠の作品ながらもとても楽しい展示でした。

大作ばかり、どーんと飾られるよりもこうしためりはりのある展示の方が私は好きだなぁ。

美術館を出ると夕方の気配。
善光寺の中をもう一回りして、酒蔵「西之門(よしのや)」さんへ。
この時期は見学するものもないのですがせっかくなので^_^
以前、営業さんから桜の時期は見事だよとは伺っていた中庭。
レストランなども併設されていてお食事もできます。

お土産のお酒を送って、お夕飯。
せっかくなのでお蕎麦がいいのだけど、、、門前近くは締まるの早い〜。
検索して、お蕎麦も出せる居酒屋さん発見。
「二本松」
雰囲気はふっつーの居酒屋さんです。
検索してたら出てきちゃったのがこれ↓

「岩魚酒」
好き嫌いは分かれるのでしょうけど、旅先に来た感が!
二合分のお酒が入って出てきます。
「魚はどうすればいいの?」
「食べたり食べなかったりですね。お酒のおかわりを入れると味も出ちゃうから」とのこと。
これはこれで野趣なお酒を愉しみ、飲み干したところで熱燗を別途追加。
酒の風味の効いた魚をつまみながらちびちびやりました。
私の様な観光客と地元の方とで店内はかなりの繁盛。
「いつもこんなに混んでるの?」
「いやぁ、そんなでも」
とは言っていたけれど、次に行く際にも早くに入るか電話をした方が良いかなと思いながらホテルに向かった夜でした。

おまけ:
骨董品好きな方は中央通りを北上し、大門交差点(多分)を左折したところにあった古美術屋さんは良いお店だと思います。
焼き物好きな方は何かの折には覗いてみては。
「良い」の意味は別の機会に書くことにしよう。

帰りの車内ご飯にと駅ビルで買ったおやきの包み紙がかわいい。
19時過ぎに寄ったら残り少なかったのは日常なのかな?

駅ビルの2階には結構充実したお酒売り場があって、スタンディングバーもありました。
信州のワインなどが飲める模様。
私は時間なかったので寄れませんでしたが、電車待ちの方々は何やら楽しそう。
信州の名残を堪能するならばこちらも良さげです。

2015.09.16 Wednesday

京都旅行三日目:錦市場

本日は最終日。
天気予報通りのグズついた天気。
荷物は駅のロッカーへ預けて錦市場へ。

日曜日だから開いてないお店を心配してたけど、ほとんど開いてます。
端から端まで一通りお店を物色。
日本酒片手に試食やら食べ歩きやらを楽しみ、休憩兼ねて「大安」へ。
一言で言えば牡蠣屋さんです。店頭で職人さんがガシガシ殻を開けていきます。
見る度に、「自分もあれだけ剥ければ苦労しないのだがなぁ」とコツを学ぼうと思うのですが、いまださっぱり。
そして、すでに人の列が。
開店前に並ぶか、一回転した頃を見計らって来ると良いです。
(しっかりご飯て感じではないので回転は早いですよ。)

何種類かの牡蠣の他に刺身も美味しいです。
生牡蠣片手に日本酒をくいっと(≧∇≦)/

そうそう、市場内の「しずくや」というスープ屋さんの万願寺唐辛子のスープがすごく美味しい。
辛くないけど唐辛子味。レトルトとかの販売ないそうですが、数年後にはわからないな。
ぜひお試しください。

新幹線の時間も近づいて来たので、お土産は「打田」でお漬物、乾物屋さんのドライフルーツ。
他のお店も試食はしたけどお漬物はやはりここの味付けが好き。
今回のお気に入りは壬生菜と小茄子。

新幹線乗る前に「志津屋」でサンドイッチげっと。

ビーフサンドにウィスキーがないのは残念すぎる〜。
初なのですが玉子サンドも独特で玉子焼きみたい。

新幹線の中で仮眠して東京着。
東京も雨か。
これにて京都しゅーりょー。

冬にも行きたいな。
ちゃんちゃん。

 

2015.09.15 Tuesday

京都旅行二日目:下鴨神社〜南禅寺

なんとなく起き出し、二日目は下鴨神社へ。
鴨川デルタの先端まで行きパシャリ。

やはり上流の方が水が綺麗な気がする。
表参道の位置を間違えて、脇から神社に入ると、

ここは女性向けの神社です。美人になる効果があるらしい。
端にある社だからなのかあんまり観光客いないなぁ。

表参道目指して進み、下鴨の森。
きれー、爽やか、そして涼しい!

そしてですね。いたんです。いたのですよ(≧∇≦)/
たぬき。
下鴨神社、たぬき、有頂天家族!矢三郎!
とは叫びませんでしたが、かわいい。


本日同行のウェンズデーと神社、もう一枚は国歌に歌われるさざれ石。
特別公開もしていたので拝観してきました。

さて、金平糖を買って、南禅寺を目指します。

歩いてお腹も空いたので、昼食。
南禅寺といえば湯豆腐という安直な発想から「順正」へ。

湯豆腐で一杯。美味しいお豆腐でした。
コースを頼んでしまったけど豆腐好きな私としては湯豆腐だけでもいいな。
てか天ぷらとかよりも湯豆腐二人前食べたい!
湯豆腐コースの席は普通にテーブル席ですが、窓の外には中庭が広がって、なかなかいい感じです。

いざ南禅寺へ。
大きい。三門すごーい。
というわけで、カメラの画角に入り切りません。
登楼することもできます。春に来れば石川五右衛門気分に浸れるのかな。




祇園界隈の店を覗いて夕飯は、「遊亀」へ。
滋賀の蔵元、金亀直営の居酒屋さん。
居酒屋といえど、関東とはやはり違いを感じるお品書き。
観光の際でも十分楽しめます。そして安い!
お店出たら外で待ってるお客さん多数で驚きました。

結局、締めにならなかったけどその後は一銭洋食。


明日は帰る日で、天気も悪いみたいなので錦市場に行ってこよう。

つづく


CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

SEARCH THIS SITE

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK